日本の歴史資料
【特別展】癒やしの日本美術―       ほのぼの若冲・なごみの土牛―

-心が温かく、優しい気持ちになれる日本美術で、癒しのひとときを 日常が大きく揺らぎ、不安定な世界情勢が続く今、「マインドフルネス」、「ウェルビーイング」、「チル」といった心の動きを意識する言葉が時代のキーワードとなってい […]

続きを読む
日本美術
没後220年 画遊人・若冲 ―光琳・応挙・蕭白とともに―

2020年10月4日(日)~2021年3月28日(日) 江戸時代半ばの京都で活躍した絵師・伊藤若冲(いとうじゃくちゅう・1716~1800)は、裕福な商家の長男として生まれながら、名利に関心がなく、学問・諸芸・娯楽を好ま […]

続きを読む