日本美術
旅路の風景─北斎、広重、吉田博、川瀬巴水

 春夏秋冬の四季をともなう日本の景観は、古くから文学や芸術の題材として人々のインスピレーションの源となってきました。また近代になって開かれた海外への扉は、私たちに、その土地の気候風土によってつくり出された壮大な景観や人々 […]

続きを読む
日本美術
浮世絵風景画―広重・清親・巴水 三世代の眼―

江戸の歌川広重(うたがわひろしげ、1797-1858)、明治の小林清親(こばやしきよちか、1847-1915)、そして大正から昭和の川瀬巴水(かわせはすい、1883-1957)――各時代に優れた風景版画を制作した三人の絵 […]

続きを読む
日本美術
特別展 冨嶽三十六景への挑戦 北斎と広重

日本を代表する浮世絵の名作、葛飾北斎の「冨嶽三十六景」は、青を使った鮮烈な色彩と大胆な構図で人々に強い衝撃を与えました。この時、北斎は70歳を越えていましたが、長い画業の中で不断の努力を重ねていました。  一方の歌川広重 […]

続きを読む