日本美術
北斎とライバルたち

世界的に最もその名前が知られている浮世絵師、葛飾北斎。北斎は「冨嶽三十六景」に代表される風景画のほか、さまざまなジャンルを手掛け、高い名声を得ました。しかし当然のことながら、その頃に活躍をしていた絵師は北斎だけではありま […]

続きを読む
未分類
赤 ―色が語る浮世絵の歴史

浮世絵は豊かな色彩にあふれていますが、作品全体を華やかにしたり、画面を引き締めたりする「赤」は、最も重要な絵具です。鮮やかな「赤」が印象的な浮世絵約60点を厳選することで、江戸・明治の人々を魅了した「赤」の美しさを探りま […]

続きを読む
日本美術
信じるココロ ―信仰・迷信・噂話

江戸時代には、さまざまな民間信仰が庶民に親しまれた。浅草寺のような大寺院から町中の稲荷社まで、多数の寺社で毎月のように行われた縁日や、出開帳のようなイベントは数多くの人々で賑わった。また庶民の関心は江戸市中にとどまらず、 […]

続きを読む