MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020

国立新美術館は、2015年開催の「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」(2015年6月24日~8 月31日)を皮切りに、同展をタイ、ミャンマーに国際巡回するなど、日本が誇る独自のカルチャーを世界に発信する取り組みに力を入れてきました。2018年は「ジャポニスム 2018:響きあう魂」の事業の一環として、フランス・パリにて『MANGA⇔TOKYO』展(2018年11月29日~12月30日)を開催し、来場者が3万人を超えるなど現地の人々をはじめ多くの皆様より高い評価を頂きました。このたび、「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」と題しまして、装いも新たに凱旋展示を実施いたします。(HPサイトより)

会  期:※会期変更 2020年8月12日(水)~11月3日(火・祝)
休館日 :毎週火曜日休館
     ※ただし、9月22日、11月3日は開館(9月23日(水)は休館)
会  場:※会場変更  国立新美術館 企画展示室1E
      
住  所:〒106-8558東京都港区六本木7-22-2
開館時間:10:00~18:00
     ※毎週金・土曜日は21:00まで 当面の間、夜間開館は行いません。
     ※入場は閉館の30分前まで

お問合せ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
料  金:

観覧料

税込
当日1,600円(一般)、1,200円(大学生)、800円(高校生)前売1,400円(一般)、1,000円(大学生)、600円(高校生)<事前予約制(日時指定券)の導入>
混雑緩和のため、本展では事前予約制(日時指定券)を導入します。入場にあたってはすでにチケット等をお持ちの方も含め、 どなた様もオンラインでの「日時指定観覧券」もしくは「日時指定券(無料)」の予約が必要です。詳しくは こちら をご覧ください。

<ご購入済みのチケットの利用、払い戻しについて>
変更後の会期中(2020年8月12日~11月3日)に本展にご来場いただける場合は、旧会期が記載されたご購入済みのチケットまたは無料観覧券をご利用いただけます。ただし、本展へのご入場には、別途オンラインでの「日時指定券(無料)」の予約が必要となりますのでご注意ください。
また、ご希望者を対象に払い戻しを行います。チケットを購入されたプレイガイド・店頭等にてお手続きくださいますようお願い申し上げます。
詳しくは こちら をご覧ください。
中学生以下は入場無料障害者手帳をご持参の方(付添の方1名含む)は入場無料8月14日(金)~8月16日(日)は高校生無料観覧日(学生証の提示が必要) 新型コロナウイルスの感染予防・拡散防止のため、本展では高校生無料観覧日を実施しないことといたしました。
前売券は2020年8月11日(火)まで販売。チケットの詳しい情報は、展覧会ホームページのチケット情報をご覧ください。団体券は国立新美術館のみ販売(団体料金の適用は20名以上) 新型コロナウイルスの感染予防・拡散防止のため、本展では団体券の販売をしないことといたしました。
会期中に当館で開催中の他の企画展および公募展のチケット、またはサントリー美術館および森美術館(あとろ割対象)で開催中の展覧会チケット(半券可)を提示された方は、本展覧会チケットを100円割引でご購入いただけます。国立美術館キャンパスメンバーズ加盟の大学等の学生・教職員は本展覧会を学生1,000円、教職員1,400円でご覧いただけます。
その他の割引などお得な情報はこちらをご覧ください。会場での観覧券購入に次のクレジットカードと電子マネー等がご利用いただけます。
クレジットカード:UC、MasterCard、VISA、JCB、AMEX、Diners Club、DISCOVER
電子マネー:Suica(スイカ)、PASMO(パスモ)、ICOCA(イコカ)等、iD その他:J-Debit、銀聯

主  催:文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会、国立新美術館 

協  催:TBS

後  援:一般社団法人マンガ・アニメ展示促進機構、TBSラジオ、

      独立行政法人国際交流基金

協  賛:秋田書店、アニプレックス、一般財団法人パピエ、

     KADOKAWA、

     ガンホー・オンライン・エンターテイメント、

     キングレコード、クリプトン・フューチャー・メディア、

     コアミックス、講談社、コナミデジタルエンタテインメント、

     コミックス・ウェーブ・フィルム、コルク、集英社、小学館、

     SHORT PEACE 製作委員会、スタジオ地図、セガグループ、

     ソニー・インタラクティブエンタテインメント、タイトー、

     東宝、ニトロプラス、白泉社、プロダクション・アイジー

     ポリフォニー・デジタル(50 音順)

協  力:石森プロ、NHK エンタープライズ、カラー、

     キネマ旬報社、コミックマーケット準備会、サンライズ、

     創通、JR東日本リテールネット、ジェンコ、シンエイ動画、

     スクウェア・エニックス、東映アニメーション、

     トムス・エンタテインメント、手塚プロダクション、

     ナデシコプロ、日本アニメーション、二瓶総合法律事務所、

     バンダイナムコアーツ、フジテレビジョン、ヘッドギア、

     ワーナー ブラザース ジャパン、株式会社わたせせいぞう

      (50 音順)

ゲストキュレーター:森川 嘉一郎(明治大学国際日本学部准教授)

古い絵画・掛け軸・美術品をお持ちのお客様は、 当社、彫美堂に修復・制作(表装)をお任せくださいませ。
屏風などの美術品も修復実績が多数ございます。宗教法人のお仕事も承っております。

Follow me!

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に

前の記事

夏季休業のお知らせ

次の記事

大江戸歳時記