お知らせ
【開館55周年記念特別展】百花繚乱 ―華麗なる花の世界―

1966(昭和41)年、日本初の日本画専門の美術館として開館した山種美術館は、2021(令和3)年に開館55周年を迎えます。当館ではこれを記念し、花を描いた絵画で美術館を満開にする特別展「百花繚乱」を開催いたします。 日 […]

続きを読む
お知らせ
開館80周年記念特別展 国宝燕子花図屏風 色彩の誘惑

 尾形光琳(1657~1716)の「燕子花図屏風」は、カキツバタの群生を、金箔を貼った大画面に群青[ぐんじょう]と緑青[ろくしょう]の二種の絵具のみを使って描いた作品です。  これら青と緑と金(黄)の三色は、しばしば組み […]

続きを読む
未分類
特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」

国宝「鳥獣戯画」は、誰もが一度は目にしたことのある、日本絵画史上もっとも有名な作品の一つです。本展では、擬人化した動物たちや人びとの営みを墨一色で躍動的に描いた甲・乙・丙・丁全4巻の全場面を、会期を通じて一挙公開! また […]

続きを読む