電線絵画展—小林清親から山口晃まで—

 街に縦横無尽に走る電線は美的景観を損ねるものと忌み嫌われ、誰しもが地中化されスッキリと見通しのよい青空広がる街並みに憧れを抱くことは否めません。しかし、そうした雑然感は私たちにとっては幼いころから慣れ親しんだ故郷や都市の飾らない、そのままの風景であり、ノスタルジーと共に刻み込まれている景観でありましょう。

 この展覧会は明治初期から現代に至るまでの電線、電柱が果たした役割と各時代ごとに絵画化された作品の意図を検証し、読み解いていこうとするものです。

 文明開化の誇り高き象徴である電信柱を堂々、画面中央に据える小林清親、東京が拡大していく証として電柱を描いた岸田劉生、モダン都市のシンボルとしてキャンバスに架線を走らせる小絲源太郎、電線と架線の交差に幻想を見出した“ミスター電線風景”朝井閑右衛門。一方で、日本古来よりの陶磁器産業から生まれた碍子がいしには造形美を発見することができます。

 電線、電柱を通して、近代都市・東京を新たな視点で見つめなおします。(美術館サイトより)

開催概要

会場 練馬区立美術館
東京都練馬区貫井1-36-16
会期 2021年2月28日(日)~4月18日(日)
入場料 一般=1,000円
高大生・65〜74歳=800円
*中学生以下および75歳以上無料
*障害者(一般)500円、障害者(高校・大学生)400円
休館日 月曜日
開館時間 10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)
問い合わせ先 tel. 03-3577-1821
主催 練馬区立美術館(公益財団法人練馬区文化振興協会)
公式サイト  https://www.neribun.or.jp/event/detail_m.cgi?id=202012111607684505

古い絵画・掛け軸・美術品をお持ちのお客様は、 ・掛け軸・美術品をお持ちのお客様は、 当社、彫美堂に修復・制作(表装)をお任せくださいませ。 屏風などの美術品も修復実績が多数ございます。宗教法人のお仕事も承っております。

コロナ禍で巣ごもりされている中、ご先祖様が大切にされていましたご本尊様・思い出の掛軸や額の傷みや修復等がございましたら、この機会にお気軽にご相談くださいませ。

Follow me!

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に