美術館情報特別展「江戸ものづくり列伝-ニッポンの美は職人の技と心に宿る-」


 日本の伝統美術は、日本人の暮らしとともにありました。四季折々の生活シーンに応じて配される建具や調度品は、人びとに潤いと彩りを与えました。開国後の日本を訪れた西洋人が一様に驚いたのは、こうした品々に宿る日本人の豊かな遊び心と繊細な美意識でした。その日本の美を作り上げてきたのが、ものづくりに生きる職人たちです。

 本展では、特色のある5人の名工たちを取り上げます。江戸が生んだ二人の蒔絵まきえ師し・原はら羊遊斎ようゆうさいと柴田しばた是真ぜしん、尾形おがた乾山けんざんの陶法を継承し軍艦の建造をも手がけた鬼才の陶工・三浦みうら乾也けんや、葛飾かつしか北斎ほくさいの弟子で絵師から金工の道に転じた府川ふかわ一則かずのり、江戸の職人気質を受け継ぎ超細密工芸を究めた小林こばやし礫斎れきさい― 彼らは江戸東京で活動し、時代の空気を吸いながら、それぞれの道に精進し新たな創造に挑戦し続ける人生を歩みました。

 本展では、明治前期に日本を訪れたヨーロッパ貴族バルディ伯爵の日本コレクション(ベニス東洋美術館所蔵)の日本での初公開をはじめ、当館のコレクションを中心に、江戸東京で活躍した職人たちの仕事と人生に光を当て、日本が世界に誇るものづくりの力の源泉を見つめたいと思います。(美術館HPより)

会期
2020年2月8日(土)~4月5日(日)
会場東京都江戸東京博物館 1階特別展示室(東京都墨田区横網一丁目4番1号)
TEL: 03-3626-9974(代表)
 
●JR総武線 両国駅西口より徒歩3分
●都営地下鉄大江戸線 両国(江戸東京博物館前)駅A3・A4出口より徒歩1分
●都バス 錦27・両28・門33系統 墨田区内循環バス「すみだ百景すみまるくん・すみりんちゃん(南部ルート)」 「都営両国駅前(江戸東京博物館前)」下車徒歩3分
開館時間
午前9時30分~午後5時30分(土曜日は午後7時30分まで)※入館は閉館の30分前まで
休館日毎週月曜日(ただし2月24日は開館)、2月25日(火)
拝観料(税込み)特別展専用券
一般
1,100円
(880円)

大学生・専門学校生
880円
(700円)

中学生(都外)・高校生・65歳以上
550円
(440円)


小学生・中学生(都内)
550円
(440円)


主催公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都江戸東京博物館、毎日新聞社
公式サイト特別展「江戸ものづくり列伝-ニッポンの美は職人の技と心に宿る-」

古い絵画・掛け軸・美術品をお持ちのお客様は、 当社、彫美堂に修復・制作(表装)をお任せくださいませ!
屏風などの美術品も修復実績が多数あります。

宗教法人の大量生産等のお仕事もお任せください。

Follow me!

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に