美術館情報「隅田川に育まれた文化 浮世絵に見る名所と美人」

江戸時代、美人画は役者絵と並ぶ浮世絵の主要な商品でした。その人気ゆえに規制の対象にもなりやすかった美人画には、絵師や版元の知恵が反映されてもいます。特に19世紀後半には、古典になぞらえて世の美人を描き込む趣向の揃物が流行し、多数出版されました。
本展では、この希少な揃物を一堂に展示し、あわせて、江戸有数の行楽地で、美人画の舞台としてもよく描かれた三囲、向島の桜など、すみだ近辺の名所を紹介します。 (公式HPより)

会期2020年2月29日(土)~2020年4月12日(日)
開館時間午前10時〜午後6時
(入館締切は午後5時30分)
休館日月曜日(月曜が祝日、振替休日の場合は直後の平日)、臨時休館:2020年7月7日~10日
年末年始(2020年12月28日~2021年1月4日)
入場料大人・大学生 100円
小・中・高校生 50円
※特別展は別料金の場合があります
アクセス・東京メトロ半蔵門/都営浅草線/京成線/
・東武スカイツリーライン

「押上(スカイツリー前)駅」より 徒歩12分
・都営浅草線
「本所吾妻橋駅」より徒歩10分
・東武スカイツリーライン
「とうきょうスカイツリー駅」より 徒歩8分
・JR総武線
「錦糸町駅」より徒歩20分
会場たばこと塩の博物館
公式サイトたばこと塩の博物館

古い絵画・掛け軸・美術品をお持ちのお客様は、 当社、彫美堂に修復・制作(表装)をお任せくださいませ!
屏風などの美術品も修復実績が多数あります。

宗教法人の大量生産等のお仕事もお任せください。

Follow me!

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に