美術館情報「多彩な表現展」―陶板で魅せるジャポニスムの時代―

2020年1月11日より大塚国際美術館にて企画展「多彩な表現展」―陶板で魅せるジャポニスムの時代―を開催します。

日本特有の自然環境や文化、歴史、精神性を強く映し出す浮世絵と、大塚国際美術館館内に常設展示されている西洋名画の複製陶板を比較展示することで、浮世絵と西洋名画とのつながりについて新たな発見や共感を生み出し、理解を深める機会を提供する企画展です。

葛飾北斎の「富嶽三十六景」の中でもとりわけ評価の高い「神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)」をはじめとする三点の浮世絵や、菱川師宣の肉筆画「見返り美人図」など、西洋名画(主に印象派)に影響をあたえた浮世絵や日本美術作品を新たに陶板で原寸大複製し、館内に展示します。

是非、ご覧ください。

日程2020年1月11日(土)~3月29(日)
時間9時30分~17時00分(入館券の販売は16時まで)
場所大塚国際美術館 地下3階、地下1階
休館日月曜日(祝日の場合は翌日)正月明けに連続休館あり、その他特別休館あり
※詳細は大塚国際美術館のウェブサイトでご確認ください。
    https://o-museum.or.jp/publics/index/30/
入場料一般3300円、大学生2200円、小中高生550円
※小学生未満は無料
※大塚国際美術館の入館料で「多彩な表現展」の観覧可
主催主 催:大塚オーミ陶業株式会社
公式HP大塚国際美術館

古い絵画・掛け軸・美術品をお持ちのお客様は、 当社、彫美堂に修復・制作(表装)をお任せくださいませ!
屏風などの美術品も修復実績が多数あります。

宗教法人の大量生産等のお仕事もお任せください。

Follow me!

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に