美術館情報「青木陵子 + 伊藤存 展 変化する自由分子のWORKSHOP」

今回、ワタリウム美術館で開催する展覧会「変化する自由分子のWORKSHOP」では、日本を代表する現代アーティスト青木陵子(あおき りょうこ)と伊藤存(いとう ぞん)のいろいろな共同作品を紹介します。 

二人が2000年から始めたアニメーションのシリーズは「9才までの境地」という作品となり、人の情緒が成長するように成長を続けています。 

2017年のリボーンアート・フェスティバルでは、宮城県牡鹿半島にある小さな無人の浜に、京都から持ち込んだそれぞれの作品、土や樹皮などのそのばで採取した材料から作った作品、また、煮炊きをしていた石でできたコンロなど、様々なつくられたものたちを混存させ、「人がつくる」ことそのものと自然のみがある空間「浜と手と脳」が展開されました。 

2019年には牡鹿半島から船で渡った網地島に移り、かつての駄菓子屋をなおし、島の空き家で発見したものに、様々なつくる手を加えることで商品にして販売する店”メタモルフォーセス”が登場しました。 

さらに、島の漁師さんがもともと畑として使っていた土地に、島の中にある資源を活かしながら、畑でいちから作物をつくるように制作された、”海に浮かぶ畑”が制作されました。ここでは「人がつくる」ことから、様々に人と関係する「つくるをふやす」ことへ作品は展開されていきました。 

人の手の不思議、自然との対話、時間を超えた普遍性など、二人の作品からは「人がつくる」ことの可能性がつぎつぎと広がっていくのです。 

この展覧会「変化する自由分子のWORKSHOP」では、これまでの共作に加え、お店から始まった様々な人との流動がワークショップ的に展開します。 (美術館サイトより)

会期2020年3月29日〜2020年6月4日
開館時間11時~19時(水曜~21時)
定休日
定休日が祝日の場合は開館
主催ワタリウム美術館
料金
大人:1000円
その他:学生(25才以下)800円、入館券会期中何度でも利用可、グループ特典20名以上2割引
アクセス地下鉄銀座線外苑前駅3番出口より徒歩7分
公式ホームページページワタリウム美術館

古い絵画・掛け軸・美術品をお持ちのお客様は、 当社、彫美堂に修復・制作(表装)をお任せくださいませ!
屏風などの美術品も修復実績が多数あります。

宗教法人の大量生産等のお仕事もお任せください。

Follow me!

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に