美術館情報「古代ガラスと鉄斎・鉄石」

最初のガラス器はサンドコア(粘土製の芯)に溶かしたガラスを巻きつけて作る、コアガラスと呼ばれるもの。
コアガラス、ローマ時代の吹きガラス、ササン朝ペルシャ時代のカットグラスなど10点のガラス容器を展示します。
富岡鉄斎と藤本鉄石の絵画作品をそれぞれ2点ずつ展示します。(美術館情報)

会期2020/04/13(月)~ 2020/05/13(水)
休室日2020/04/19(日)のみ
開室時間10:00~16:30 ※最終入室は16:00
変即時間2020/05/03(祝)は14:00~20:00の開室になります
入室時間
一般 400円 / 20歳未満は無料

障害者手帳をお持ちの方及び介護者の方は200円引き

《20歳未満の方》年齢を確認させていただく場合がございますので、年齢のわかるものをご用意下さい
アクセスJR 東中野駅 西口より 徒歩7分
都営大江戸線 東中野駅 A3出口より 徒歩約7分
東京メトロ 東西線 落合駅 A1出口より 徒歩約14分
東京メトロ 丸の内線 中野坂上駅 2番出口より 徒歩約13分


公式サイト東京黎明アートルーム

古い絵画・掛け軸・美術品をお持ちのお客様は、 当社、彫美堂に修復・制作(表装)をお任せくださいませ!
屏風などの美術品も修復実績が多数あります。

宗教法人の大量生産等のお仕事もお任せください。

Follow me!

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に