美術館情報「企画展「大嘗祭」

会期延長が決定いたしました!令和の時代の展覧会についてご説明します

天皇の代替わりに際して古代から行われる儀式には、主に「践祚(せんそ)」、「即位儀」、そして「大嘗祭」があります。「践祚」とは皇位を承け継ぐことを意味し、古くから皇位を象徴する神器の継承が行われました(現・剣璽等承継の儀)。「即位儀(現・即位礼正殿の儀)」とは皇位の継承を広く天下に公示する儀式です。
 「大嘗祭」は、即位した天皇が、新穀を中心とする神饌(神の食事)を初めて天照大神(天皇の祖先神)に供え、自らも召し上がる祭祀です。これは即位儀の後の11月の2度目の卯日に行われてきました。この祭祀は7世紀末の天武・持統天皇の時代に成立し、平安時代には基本的な形式が確立しました。応仁の乱以降、約220年行われなかったものの、江戸時代中期に再興され、元文3年(1738)桜町天皇からは、現在まで途切れることなく行われています。
 本展では、國學院大學所蔵資料のうち、江戸時代のものを中心に、大嘗祭に関わる絵図、古典籍、模型、古文書を展示いたします。(展覧会サイトより)


会期
令和元(2019)年11月1日(金)~12月15日(日)
会期延長 ~12月22日(日)まで開催
会場國學院大學博物館 企画展示室
開催時間
午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
※11月12日(火)、12月10日(火)は、企画展「大嘗祭」のナイトミュージアムトーク開催のため、開館時間を19:00(最終入館は18:30)まで延長いたします。
会期中休館日

11月25日(月)
アクセス國學院大學渋谷キャンパス
学術メディアセンター 地下1階 國學院大學博物館
入館料無料
公式サイト國學院大学博物館

宗教法人の大量生産等のお仕事もお任せください。

古い絵画・掛け軸・美術品をお持ちのお客様は、 当社、彫美堂に修復・制作(表装)をお任せくださいませ!

屏風などの美術品も修復実績が多数あります。

宗教法人の大量生産等のお仕事もお任せください。


Follow me!

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に