美術館情報「ラスト・ウキヨエ 浮世絵を継ぐ者たち ―悳俊彦コレクション」

浮世絵といえば江戸時代の文化と考える方は多いでしょう。しかしながら、明治時代の終わり、20世紀の初頭まで、浮世絵版画は制作され続けていました。現在ではその美術的価値があまり評価されていないため、美術館で紹介されることがほとんどない状況です。本展では、洋画家であり、浮世絵コレクターとしても知られる悳俊彦(いさお・としひこ)氏のコレクションの中から、歴史に埋もれた

明治の浮世絵、約220点を掘り起こします(美術館サイトより)

会期2019年11月2日(土)~12月22日(日)
前期 11月2日(土)~24日(日)
後期 11月29日(金)~12月22日(日)
※前後期で全点展示替え
開催時間10:30〜17:00
主催太田記念美術館
会場料一般 1000円
大学生 700円
中学生以下 無料
休館日月曜日
12月23日〜31日
所在地


所在地
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-10-10
TEL:03-3403-0880
ハローダイヤル:03-5777-8600
        
公式サイト太田記念美術館

古い絵画・掛け軸・美術品をお持ちのお客様は、 当社、彫美堂に修復・制作(表装)をお任せくださいませ!

屏風などの美術品も修復実績が多数あります。

宗教法人の大量生産等のお仕事もお任せください。

Follow me!

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に