美術館情報「いわさきちひろ 子どものしあわせ-12年の軌跡」&「没後10年 瀬川康男 坦雲亭日乗-絵と物語の間(あわい) 」

いわさきちひろは、雑誌「子どものしあわせ」の表紙絵を1963年3・4月合併号から没する1974年までの12年間、毎月1冊のペースで描き続けました。臨時増刊号も含めるとその数は約150点にのぼります。子どもをテーマに自由に、デザインも含めてすべてちひろのセンスに任せたいという依頼に、ちひろは意欲的に取り組みます。

今年は瀬川康男の没後10年にあたります。本展では、東京を離れて制作に没頭した1977年以降の作品を、日記につづったことばとともに展示します。『いないいないばあ』で知られる瀬川の、画家としての人生と絵にかけた思いを紹介します。(美術館サイトより)

会期 2020年3月1日(日)~2020年5月17日(日)
開館時間 10:00~17:00(最終入館16:30)
休館日 月曜日(祝休日は開館、翌平日休館)
※GW・8月10日~20日は無休
※年末年始(1月2日から開館)
※冬期休館 2月1日~2月末日
※展示替えのための臨時休館あり
入館料料
大人1,000円、高校生以下無料

団体(有料入館者10名以上)、学生証をお持ちの方、65歳以上は800円/障害者手帳ご提示の方とその介添えの方1名までは無料となります。特別展開催時は、特別展料金を設定する場合があります。
※二重割引はいたしておりませんのでご了承ください。
東日本大震災の罹災証明書、または被災証明書をご持参の方は、ちひろ美術館・東京、安曇野ちひろ美術館の入館料が無料となります。受付にてご提示ください。
アクセス 西武新宿線上井草駅下車徒歩7分
JR中央線荻窪駅より西武バス石神井公園駅行き(荻14)「上井草駅入口」下車徒歩5分
西武池袋線石神井公園駅より西武バス荻窪駅行き(荻14)「上井草駅入口」下車徒歩5分
会場 ちひろ美術館・東京
公式サイト ちひろ美術館・東京

古い絵画・掛け軸・美術品をお持ちのお客様は、 当社、彫美堂に修復・制作(表装)をお任せくださいませ!
屏風などの美術品も修復実績が多数あります。

宗教法人の大量生産等のお仕事もお任せください。

Follow me!

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に