美を結ぶ。美をひらく。美の交流が生んだ6つの物語


本展覧会は日本美術を軸に、江戸時代から1900年パリ万博の約300年間にちりばめられた「美を結ぶ物語」「美をひらく物語」を、サントリー美術館の珠玉のコレクションから選び取ってみました。欧州も魅了された古伊万里、将軍家献上の使命で研ぎ澄まされた鍋島、東アジア文化が溶け込んだ琉球の紅型、西洋への憧れが生んだ和ガラス、東西文化が結びついた江戸・明治の浮世絵、そして異文化を独自の表現に昇華したガレ。国・時代・素材を越えて結び、ひらいた6つの美の物語をお楽しみください。(美術館サイトより)

会場サントリー美術館
東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F
会期2020年12月16日(水)~2021年2月28日(日)
入場料一般=1,500円
高大生=1,000円
*中学生以下無料
*障害者手帳をお持ちの方は、ご本人と介護の方1名様のみ無料
休館日火曜日(2/23は18時まで開館)
開館時間10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)
問い合わせ先tel. 03-3479-8600
主催サントリー美術館、朝日新聞社
公式サイトhttps://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2020_3/index.html

古い絵画・掛け軸・美術品をお持ちのお客様は、 当社、彫美堂に修復・制作(表装)をお任せくださいませ。 屏風などの美術品も修復実績が多数ございます。宗教法人のお仕事も承っております。

コロナ禍で巣ごもりされている中、ご先祖様が大切にされていましたご本尊様・思い出の掛軸や額の傷みや修復等がございましたら、この機会にお気軽にご相談くださいませ。

Follow me!

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に