「市民からのおくりもの2019―平成30年度 新収蔵品から―」特別企画「『青』でみる江戸東京」

特別展 2020年08月04日(火)〜09月27日(日)

東京都江戸東京博物館では、江戸東京の歴史と文化に関する資料を収集し、それらを未来へ伝えるために保存管理しています。また、資料が持つ様々な情報について調査研究を行い、その成果を展示などで公開しています。

本展は、当館が新たに収蔵した資料を、みなさまにご覧いただく展覧会です。平成30年度は、1,807点の資料を当館の収蔵品に加えることができました。資料をご寄贈くださった方々への感謝の意も込めて、この中から厳選して紹介いたします。

2代将軍徳川秀忠の稀少な肖像画、美人として名高い笠森お仙を描いた春信の錦絵、「幕末の三舟」の一人高橋泥舟の書跡や高橋家伝来の資料、永代橋など明治期の東京風景写真、1923年(大正12)9月1日の発生から復興までの関東大震災関係資料群など、歴史を物語る古文書から、生活に身近な資料にいたるまで、バラエティー豊かなコレクションの世界をお楽しみください。

本展は、5F企画展示室にて2020年3月10日(火)から5月10日(日)までの会期で開催予定でしたが、新型コロナウイルス感染症防止のため中止になったことから、一部展示資料を変更の上、開催するものです。(HPサイトより)

開催概要

会期2020年8月4日(火)~2020年9月27日(日)一部の資料の展示替えがあります。(前期:8月4日(火)~8月23日(日) 後期:8月25日(火)~9月27日(日))
会場東京都江戸東京博物館 1階特別展示室電話番号:03-3626-9974(代表) ・JR総武線 両国駅西口より徒歩3分・都営地下鉄大江戸線 両国駅A3・A4出口より徒歩1分・都バス 錦27・両28・門33系統 墨田区内循環バス「すみだ百景すみまるくん・すみりんちゃん(南部ルート)」 「都営両国駅前(江戸東京博物館前)」下車 徒歩3分
開館時間9:30~17:30
休館日毎週月曜日(ただし8月10日、31日、9月14日、21日は開館)。8月11日(火)
主催公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都江戸東京博物館
観覧料金無料 (観覧券あり)※チケットうりばにて観覧券をお受け取りください。

※会期中に一部展示品の入れ替えがあります。

■展示資料目録

展示リストは、こちらからダウンロードできます。

古い絵画・掛け軸・美術品をお持ちのお客様は、 当社、彫美堂に修復・制作(表装)をお任せくださいませ。
屏風などの美術品も修復実績が多数ございます。宗教法人のお仕事も承っております。

Follow me!

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に