河鍋暁斎の底力

11月28日(土) – 2021年2月7日(日)

ほぼ史上初!(当館調べ) 100%暁斎の展覧会

河鍋暁斎[かわなべ きょうさい/1831(天保2)~1889(明治22)]は、毎年のように展覧会が開かれる人気の絵師ですが、これまでの展覧会とは違って、本展では暁斎の本画(下絵を描き彩色を施した完成作品)を一切展示しません。展示するのは、河鍋暁斎記念美術館の充実した収蔵品から厳選した素描、下絵、画稿、宴席などにおいて即興で描かれた席画、絵手本など、暁斎の生の筆づかいが感じられる作品ばかりです。本画は完成度が高い一方で、筆勢が抑制された、いわばお行儀のいい作品と言え、彩色などには時に弟子の手が入ることもありました。また、暁斎には多くの版画作品がありますが、これらは暁斎の原画を、彫師と摺師、すなわち他人の協力を得て完成させたものです。これに対して下絵や画稿類は100%暁斎の手になり、その卓越した筆力をまざまざと感じることができます。本展は、あえて本画を展示せず、暁斎の描写と表現の力量のみを、存分に味わっていただこう、というチャレンジングな試みなのです。

筆の勢い、対象の把握、執拗な描き込み! どれをとっても破格の画稿類

暁斎の下絵や画稿は、本画にはない独自の魅力に満ちています。暁斎は一度その対象を把握してしまえば、実物を前にしなくとも、あらゆる方向から見た、どんなポーズの姿でも描くことができたのです。画稿類には、この能力がいかんなく発揮され、数々の驚くべき群像表現を見ることができます。そして画面を埋め尽くすように描き込まれた無数の線描の迫力・筆の勢いも、見どころのひとつです。衣服の襞や髪の毛、顔や身体の皺など、本画では整理されてしまう細部が、画稿では執拗に描かれます。それがかえって、本画では薄められてしまった迫力とダイナミックな動きを表現しており、尽きせぬ魅力となっているのです。

即興のパフォーマンス! 席画に見る暁斎の実力

席画とは、客を前にして即興で描かれる絵のこと。江戸から明治にかけて、多くの客を集めた書画会で、絵師たちが腕前を披露するといったことがしばしば行われました。たくさんの人が見ている前で、下描きもなしに、その場で完成させる席画は、絵師の実力を如実に表します。暁斎も頻繁に書画会を行っていたようで、多くの席画が残されていますが、その守備範囲の広さとクオリティの高さは、暁斎の絵師としての力がずば抜けていたことを示しています。入念に下絵を作り、時間をかけて描かれる本画に比べると、即興的に短時間で描かれる席画は軽く見られがちですが、絵師の本当の力(=底力)は、案外席画の方に表れているのかもしれません。

新発見! 《猫又と狸》の失われていたピース

《鳥獣戯画 猫又と狸 下絵》は、暁斎の画稿の中でも、そのユニークな画題やユーモアあふれる描写によってよく知られています。この作品の失われていたピースが発見され、本展で初公開されます。新発見のピースは、《猫又と狸》の画面の上に続く部分で、木の梢からぶら下がる鼠たちが描かれています。(HPサイトより)

Information基本情報

入館料     一般 1,200円 高校・大学生 1,000円

  • 中学生以下無料
  • 障がい者手帳等持参の方は100円引き(介添者1名は無料)
  • 混雑回避のため、本展では100円と200円の割引とクーポンの使用をすべて中止とさせていただきます
  • 年間パスポートの同伴者割引も申し訳ありませんが中止といたします
  • 以下に該当する方は直接美術館へお越しください(事前予約不要)
    中学生以下、障がい者の介添者(1名)、年間パスポート・東京駅周辺美術館共通券2020・招待券・招待ハガキ・株主サービス券をお持ちの方
  • 会期最終週を除く平日のみ、ローソンチケットが販売枚数に達していない場合に限り、美術館でもチケットを販売します。確実にご入館いただくためには事前購入を強く推奨します。なお、販売状況のお問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。

休館日      月曜日[1月11日、2月1日は開館]、年末年始[12月28日~1月1日]、

         1月12日(火)開館時間10:00 – 18:00 
          ※金曜日は20:00まで開館
          ※入館は閉館の30分前まで

開館時間     10:00 – 18:00
          ※金曜日は20:00まで開館
          ※入館は閉館の30分前まで

チケット購入販売期間   2020年11月9日(月)10:00 ~ 2021年2月7日(日)17:00
             ローソンチケット(Lコード=34337)
             ご来館前に日時指定のローソンチケットをご購入ください。

購入方法    

 ◇インターネット予約のうえ開館前に発券(引取期限にご注意ください)
         ◇全国のローソン・ミニストップ店内に設置されているLoppiにて購入
           *ローチケ電子チケットアプリには対応していません

入館時間      枠は下記よりお選びください※予約枚数に達し次第売り切れ 

  1. ①10:00~11:00(販売は10:30まで)
  2. ②11:00~12:00(販売は11:30まで)
  3. ③12:00~13:00(販売は12:30まで)
  4. ④13:00~14:00(販売は13:30まで)
  5. ⑤14:00~15:00(販売は14:30まで)
  6. ⑥15:00~16:00(販売は15:30まで)
  7. ⑦16:00~17:30(販売は17:00まで)
  8. ⑧金曜のみ17:30~19:30(販売は19:00まで)

【注意事項】

  • ・チケットは各日の各入館時間枠の最終30分前までご購入いただけます[例:11/9(月)10:00〜11:00の入館チケットは11/9(月)10:30まで販売]。ただし、インターネット予約の場合は各入館時間枠開始の3時間前までの予約となります[例:11/9(月)10:00~11:00の入館チケットは11/9(月)7:00まで予約可能ですが、必ず11/9(月)10:30までにお引き取りください]
  • ・一度にお一人様2枚まで購入可能です。
  • ・すべてのチケットに購入者の名前が印字されます。必ず正しい氏名・電話番号のご登録をお願いします。
  • ・ご来館前に必ずチケットの受け取りをお済ませください。
  • ・指定した時間枠内であればいつでも入館できます。
  • ・展覧会は入替制ではありません。
  • ・指定した入館時間枠以外のご利用はできません。ただし、やむを得ない事情で指定時間に遅延された場合は、券面記載当日に限り入館を許可します。
  • ・新型コロナウイルス感染拡大防止措置等の理由で再び休館する場合を除き、お客さま都合によるチケットの日時変更、および払い戻しはできません。
  • ・営利目的でのチケットの転売は、いかなる場合にも固くお断りします。

主催      東京ステーションギャラリー

        [公益財団法人東日本鉄道文化財団]、公益財団法人河鍋暁斎記念美術館

Follow me!

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に