棟方志功と東北の民藝

東日本大震災により、それまでの平穏な営みが奪われてから10年が経ちました。本展では、青森に生まれた版画家の棟方志功が東北の地に幸あれと願い制作した「東北経鬼門譜」(1937年)や、郷里への想いを込めた「善知鳥版画巻」(1938年)を紹介。併せて、柳宗悦らが1920年代後半から40年代の初めにかけて東北各地で蒐集した、陶器、蓑や背中当などの編組品、刺子の仕事着、樺細工、漆工品といった丹念な手技による品々を展示して、東北の地は民藝の宝庫であり豊かな文化的創造力を育む土地であることを、改めて紹介したいと思います。(公式HPより)

開催概要

会期:2021年10月1日(金)〜2021年11月23日(火・祝)
会場:日本民藝館 Google Map
住所:東京都目黒区駒場4-3-33
時間:10:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日:月曜日 
※祝日の場合は開館し、翌日閉館
観覧料:一般 1,200円(1,000円)
大高生 700円(600円)
中小生 200円(150円)
※( )は20名以上の団体
※団体見学を希望の方は事前要予約
TEL:03-3467-4527
URL:http://www.mingeikan.or.jp/

古い絵画・掛け軸・美術品をお持ちのお客様は、 当社、彫美堂に修復・制作(表装)をお任せくださいませ。 屏風などの美術品も修復実績が多数ございます。宗教法人のお仕事も承っております。

コロナ禍で巣ごもりされている中、ご先祖様が大切にされていましたご本尊様・思い出の掛軸や額の傷みや修復等がございましたら、この機会にお気軽にご相談くださいませ。

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に