東京国立博物館コレクションの保存と修理

当館では、文化財の公開と保存を両立し、未来へと伝えるため、「臨床保存」の理念のもと、保存修復事業を行なっています。「臨床保存」の理念を支える3つの柱は、展示・収蔵などの環境の整備を行なう「予防」、文化財の状態および展示室や収蔵庫の環境に関する「診断」、メンテナンスのための対症修理から、解体を伴う抜本的な安定化のための本格修理まで状況に応じた「修理」の3つからなります。

本特集では、近年「修理」を終えた作品を展示し、それぞれの修理のポイントや工程、その過程で得られた情報をあわせて紹介します。今回は、絵画、考古、陶磁、歴史資料の分野から本格修理を行なった作品9件を展示いたします。

当館の保存修復事業の成果の一端をご覧いただくこの企画は、今年度で21回目を迎えました。

文化財の保存と公開に関わる当館の取り組みや、文化財の修理に関心をお寄せいただき、文化財とその背後にある文化や歴史についての理解を深める一助となれば幸いです。

主な出品作品
*所蔵の表記の無いものは、当館蔵品です。
四季花鳥図巻 王岡筆 中国 清時代・18世紀
玄奘三蔵像 鎌倉~南北朝時代・14世紀 山本達雄旧蔵品
五彩人物文長方合子 中国・景徳鎮窯「大明万暦年製」銘 明時代・万暦年間(1573~1620) 横河下枝氏寄贈
突線鈕3式銅鐸 三重県津市高茶屋小森町字四ッ野出土 弥生時代(後期)・1~3世紀

(美術館サイトより)

開催概要

日程:2021年3月23日(火) ~ 2021年4月18(日)
時間:9:30~17:00 ※入館は閉館の30分前まで
会場:平成館 企画展示室
休館日:月曜日 

観覧料:一般1,000円、 大学生500円
※高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料。入館の際に年齢のわかるものをご提示ください。
※障がい者とその介護者1名は無料。入館の際に障がい者手帳等をご提示ください。

公式サイト:https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=2084

古い絵画・掛け軸・美術品をお持ちのお客様は、 当社、彫美堂に修復・制作(表装)をお任せくださいませ。 屏風などの美術品も修復実績が多数ございます。宗教法人のお仕事も承っております。

コロナ禍で巣ごもりされている中、ご先祖様が大切にされていましたご本尊様・思い出の掛軸や額の傷みや修復等がございましたら、この機会にお気軽にご相談くださいませ。

Follow me!

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に