掛軸講座7(掛軸の各部の名称・裏)

さて、今日は掛け軸の裏面の部分についてです。

八双…掛軸の一番上に付ける半月形をした木で軸棒と同質のものを用います。平らな方を巻板といい、
外側の丸くなっている方をと言います。

軸助…軸を助けるために軸の裏の両端に張る小さな紙片です。長さ一寸、幅四分
軸先…本紙の書き始めの方を軸元、落款のある部分を軸元といいます。
うら

Follow me!

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です