掛軸講座3(幢褙[どうほえ])

さて、幢褙[ぎょうほえ](行)

掛軸講座1にて一番多く用いられている形式だと学びました。

真は裱褙(ひょうほえ)
行は幢褙(どうほえ)←今日はコレ
草は輪褙(りんほえ)

こちらは裱褙(ひょうほえ)と同様、さらに
真・行・草と三種類に分かれています。
行の草、行の行、行の真

特に『行の真⇒幢褙(行)の真』は
こちらは、別名神宮仕立てとも言い神社や神道に用いられる形式です。

gyou

 

Follow me!

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です