展覧会情報:企画展「大♡地図展―古地図と浮世絵」

東洋文庫は古今東西の地図史料を収蔵しています。2015年には17世紀のオランダで制作された「大地図帳」を中心に、西洋の古地図の優品を公開するという展覧会を開催しました。本展ではその第2弾ともいうべきもので、日本で制作された古地図にスポットをあてます。江戸時代のものを中心とする、国内あるいは世界を描いた地図を、各地の風景や名所、旅の様子を描いた浮世絵や絵本と共にご覧いただきます。 国内有数の質と量を誇る東洋文庫の地図・地誌関係史料のなかでも逸品がそろうまたとない機会です。地図から読み取れるさまざまな情報を身近にとらえ、旅をするかのようにお楽しみください。(展覧会HPより)


東洋文庫ミュージアム

【会期】2018年9月15日(土)〜2019年1月14日(月・祝)

 

今回は貴重な古地図の展覧会です。

家に眠っている掛軸・屏風・巻物などをお持ちのお客様は、
当社、彫美堂に修復・制作(表装)をお任せくださいませ!
職人歴50年の職人が腕によりをかけてよみがえらせます。

Follow me!

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です