展覧会情報「特別展 京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」

今回も日本の彫刻シリーズ第2弾です。

千本釈迦堂・大報恩寺は、鎌倉彫刻の宝庫として広く親しまれています。2020年の開創800年を記念し、この寺が誇る慶派仏師の快慶、定慶、行快ら、慶派スーパースターの名品を一堂に公開。この寺の本尊で、年に数回しか公開されない秘仏「釈迦如来坐像」(重要文化財)は、快慶の弟子・行快が残した数少ない貴重な仏像の一つです。そして、快慶が晩年に手がけた名品「十大弟子立像」(重要文化財)は、その昔、本尊の「釈迦如来坐像」を囲むように安置されていました。本展では、「釈迦如来坐像」と「十大弟子立像」を、当初の本堂での安置状況を考慮して展示することになりました。運慶の弟子・肥後定慶作の「六観音菩薩像」(重要文化財)は、台座も光背も像造当初のままで残されており、その背面の隅々まで、精緻に彫られています。本展では「六観音菩薩像」を360度見られるだけでなく、会期前半(~10月28日)は光背をつけた本来の姿で、会期後半(10月30日~)には光背を取り外した姿で展示され、その美しい背中までを間近で見ることが可能になりました。このような展示法は、東京国立博物館史上初の試みとなります。(展覧会情報)

 

東京国立博物館 平成館 3・4室

会期:2018/10/02(火) ~ 2018/12/09(日)

時間:開始:9:30終了:17:00
備考:金・土、10/31(水)、11/1(木)は21時まで開館。入館は、いずれも閉館30分前まで

休館日:月曜

Follow me!

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です