展覧会情報「特別企画 奈良大和四寺のみほとけ」

奈良県北東部に所在する岡寺、室生寺、長谷寺、安倍文殊院の四寺は、いずれも7~8世紀に創建された古刹で、きわめて魅力に富んだ仏像を伝えています。 奈良時代に流行した木心乾漆造の岡寺・義淵僧正坐像、平安時代初期の重厚な特色を備える室生寺・釈迦如来坐像、鎌倉時代に高度な技術で造られた長谷寺・十一面観音菩薩立像、安倍文殊院本尊の像内に納められていた文書など国宝4件、重要文化財9件を含む名品を展示します。 卓越した造形と厚い信仰を物語るみほとけをぜひご堪能ください。 (美術館サイトより)

会期 2019年6月18日(火)〜2019年9月23日(月・祝)
会場 東京国立博物館 本館11室
住所 東京都台東区上野公園13-9
時間 9:30〜17:00
※ただし、会期中の金曜・土曜は21:00まで、
9月20日(金)、21日(土)は22:00まで開館
(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日 
7月16日(火)、9月17日(火)
※ただし7月15日(月・祝)、8月12日(月・祝)、9月16日(月・祝)、9月23日(月・祝)は開館
観覧料 一般 620円(520円)
大学生 410円(310円)
TEL 03-5777-8600(ハローダイヤル)
URL https://www.tnm.jp/

古い絵画・掛け軸・美術品をお持ちのお客様は、 当社、彫美堂に修復・制作(表装)をお任せくださいませ!
屏風などの美術品も修復実績が多数あります

Follow me!

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に