展覧会情報「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」

河鍋暁斎(かわなべきょうさい・1831~89)は天保2年(1831)、下総国古河(現・茨城県古河市)に生まれました。数え2歳のときに家族とともに江戸に出て、7歳で浮世絵師・歌川国芳のもとで絵を学び始めます。その後、駿河台狩野派の前村洞和(?~1841)や、洞和の師・狩野洞白陳信(?~1851)に入門し、独立後は「狂斎」と号し、戯画などで人気を博しました。そして、明治3年(1870)40歳のとき、書画会で描いた作品が貴顕を嘲弄したなどとして投獄され、以後、号を「暁斎」と改めました。江戸幕府の終焉とともに狩野派は衰退していきますが、暁斎は生涯、狩野派絵師としての自負を持ち続けました。暁斎の高い絵画技術と画題に対する深い理解は、日々の修練と古画の学習を画業の基礎とした狩野派の精神に支えられたものでした。本展では「狩野派絵師」としての活動と「古画学習」を大きな軸としながら、幕末・明治の動乱期に独自の道を切り開いた暁斎の足跡を展望します。[美術館サイトより]

会場: サントリー美術館
東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F
会期: 2019年2月6日(水)~3月31日(日)
入場料: 一般=1,300(1,100)円
  大学・高校生=1,000(800)円
*( )内は前売料金
*中学生以下無料
*障害者手帳をお持ちの方は、ご本人と介護の方1名様のみ無料
*20名様以上の団体は100円割引
休館日: 火曜日(3/26は18時まで開館)
開館時間: 10:00~18:00(金・土は10:00~20:00、2/10・3/20は20時まで開館、入館は閉館の30分前まで)
問い合わせ先: tel. 03-3479-8600

古い絵画・掛け軸・美術品をお持ちのお客様は、 当社、彫美堂に修復・制作(表装)をお任せくださいませ!
修復実績も多数あります。

Follow me!

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です