展覧会情報「更級日記考―女性たちの、想像の部屋」

いまから1000年前の平安時代、上総国〔現在の市原市〕に暮らす13歳の少女、菅原孝標女が京の都、そして源氏物語の世界にあこがれるあまり綴り始めた日記─ それが「更級日記」です。日記文学の古典として名高い「更級日記」は、現実世界の暮らしに一喜一憂しながらも、少女時代の物語世界への夢を抱き続けた、ひとりの女性の約40年が綴られています。その世界観は現代に生きる女性の共感を大いに呼ぶことでしょう。女性たちによる「日記的表現」のもつ記録、創作、想像の世界とはいったいどんなものでしょうか? 本展では、「更級日記」を出発点に12組の女性アーティストによる多様で、独自で、そして親密な、想像の世界を紹介します。(美術館サイトより)

地域 関東・甲信越
会場 市原湖畔美術館
千葉県市原市不入75-1
会期 2019年4月6日(土)~7月15日(月・祝)
入場料 一般=800 (700)円
大高生・シニア(65歳以上)=600(500)円
*( )内は20人以上の団体料金
*中学生以下・障害者手帳をお持ちの方とその介添者(1 名)は無料
休館日 月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
開館時間 平日/10:00~17:00、土曜・休前日/9:30~19:00、日曜・祝日/9:30~18:00(入館は閉館の30分前まで)
問い合わせ先 tel. 0436-98-1525

古い絵画・掛け軸・美術品をお持ちのお客様は、 当社、彫美堂に修復・制作(表装)をお任せくださいませ!
屏風などの美術品も修復実績が多数あります

Follow me!

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に