展覧会情報「日中文化交流協定締結40周年記念 三国志」

本展は、「リアル三国志」を合言葉に、漢から三国の時代の文物を最新の成果によって読み解きます。
2世紀末、漢王朝の権威がかげりをみせるなか、各地の有力武将が次々に歴史の表舞台へと躍り出ました。そうして魏、蜀、呉の三国が天下を分かち、新時代へと向かう大きなうねりとなりました。
近年、三国志をめぐる研究は曹操高陵(そうそうこうりょう)の発掘など空前の活況を呈しています。それらは実物ならではの説得力と、歴史書や物語をしのぐ迫力があります。2019年、三国志の”新時代”が始まります。( 美術館情報より)

地域東京都
会場東京国立博物館 平成館
東京都台東区上野公園13-9
会期2019年7月9日(火)~9月16日(月・祝)
入場料一般=1,600(1,400/1,300)円
大学生=1,200(1,000/900)円
高校生=900(700/600)円
*( )内は前売り/20名以上の団体料金
*中学生以下は無料
*障がい者とその介護者1名は無料(入館の際に障がい者手帳などをご提示ください)
休館日月曜日(ただし7/15、8/12、9/16は開館)、7/16
開館時間9:30~17:00(金・土は21時まで開館、入館は閉館の30分前まで)
問い合わせ先tel. 03-5777-8600(ハローダイヤル)
主催東京国立博物館、中国文物交流中心、 NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社
公式サイトhttps://sangokushi2019.exhibit.jp/

古い絵画・掛け軸・美術品をお持ちのお客様は、 当社、彫美堂に修復・制作(表装)をお任せくださいませ!
屏風などの美術品も修復実績が多数あります

Follow me!

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に