展覧会情報「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」

葛飾北斎(1760~1849)は世界で最も知られた日本の芸術家の一人です。
江戸時代後期に浮世絵師として登場してから90歳で没するまでの約70年に及んだ北斎の画業は、常に新たな絵画の創造への挑戦の連続でした。
度重なる画号の改名は有名ですが、画風もまた大胆に変え続けました。
つまりは自らをUPDATEし続けた人生に他なりませんでした。
本展では、「冨嶽三十六景」や『北斎漫画』などの有名作だけに焦点を当てるのではなく、
日本初公開となる貴重な作品を含めた北斎の全生涯にわたる画業を展観します。
国内外に所蔵される北斎の名品・優品はもちろん、近年更新された主な研究成果を参照しつつ、発見・再発見されてきた作品を一堂に公開いたします。

北斎の代表作としては、“Great Wave”と称されて世界的に名高い「神奈川沖浪裏」を含む「冨嶽三十六景」シリーズ、19世紀のヨーロッパにおけるジャポニスムの流行の契機となった『北斎漫画』などが一般的に知られていますが、これらは約70年に及ぶ北斎の画業のほんの一端にすぎません。
本展では、北斎の絵師人生を作風の変遷と主に用いた画号によって6期に分けて紹介します。勝川派の絵師として活動した春朗期(20〜35歳頃)、勝川派を離れて肉筆画や狂歌絵本の挿絵といった新たな分野に意欲的に取り組んだ宗理期(36〜46歳頃)、読本の挿絵に傾注した葛飾北斎期(46〜50歳頃)、多彩な絵手本を手掛けた戴斗期(51〜60歳頃)、錦絵の揃物を多く制作した為一期(61〜74歳頃)、自由な発想と表現による肉筆画に専念した画狂老人卍期(75〜90歳頃)と、その壮大な画業を通覧。国内外の名品、近年発見された作品、初公開作品を通じて、真の北斎に迫ります。[美術館サイトより]

名称:新・北斎展 HOKUSAI UPDATED
会期: 2019年1月17日(木)〜3月24日(日)
※ 会期中、展示替えがあります
会場:森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ 森タワー52階)
Mori Arts Center Gallery (Roppongi Hills)
(〒106-6150 東京都港区六本木 6‐10‐1)
アクセス:東京メトロ 日比谷線「六本木駅」 1C出口 徒歩0分(コンコースにて直結)
都営地下鉄 大江戸線「六本木駅」 3出口 徒歩4分
都営地下鉄 大江戸線「麻布十番駅」 7出口 徒歩5分
東京メトロ 南北線「麻布十番駅」 4出口 徒歩8分
開館時間: 10:00~20:00、火曜日のみ17:00まで (最終入館は閉館の 30 分前まで)
休館日: 1月29日(火)、2月19日(火)、2月20日(水)、3月5日(火)
主催:日本経済新聞社、NHK、NHKプロモーション、森アーツセンター
協賛
伊藤忠商事株式会社、凸版印刷株式会社、三井住友海上火災保険株式会社
お問い合わせ
03-5777-8600(ハローダイヤル)

古い絵画・掛け軸・美術品をお持ちのお客様は、 当社、彫美堂に修復・制作(表装)をお任せくださいませ!
修復実績も多数あります。

Follow me!

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です