展覧会情報「扇の国、日本」

「扇」は、日本で生まれ発展したものです。その起源は詳らかではありませんが、早く10世紀末には中国や朝鮮半島に特産品としてもたらされ、中国の文献には、それまで一般的だった団扇と区別して、折り畳む意味の「摺」の字をあてた「摺扇」「摺畳扇」や、「倭扇」などと登場します。すなわち、扇が日本のオリジナルであったことを物語っています。
宗教祭祀や日常生活での用具としてだけでなく、気分や場所、季節に応じて取りかえ携帯できる扇は、貴賤を問わずいつでもどこでも楽しめる、最も身近な美術品でした。…
あらゆるジャンル、あらゆる流派と交わる扇には、日本人が求めた美のエッセンスが凝縮されているのです。
本展では、日本人が愛した「扇」をめぐる美の世界を、幅広い時代と視点からご紹介します。手中の扇がひらひら翻るたび表情を変えるように、「扇」の多面的な世界をお楽しみください。[美術館サイトより]

地域 :東京都
会場:サントリー美術館
東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F
会期:2018年11月28日(水)~2019年1月20日(日)
入場料: 一般=1,300(1,100)円
高大生=1,000(800)円
*( )内は前売料金
*中学生以下無料
*障害者手帳をお持ちの方は、ご本人と介護の方1名様のみ無料
休館日: 火曜日(1/15は18時まで開館)、12/30-1/1
開館時間: 10:00~18:00(金・土、12/23、1/13は20時まで開館。12/29は18時まで開館。入館は閉館の30分前まで。)
問い合わせ先: tel. 03-3479-8600
主催: サントリー美術館、朝日新聞社
公式サイト: https://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2018_5/index.html

古い絵画・掛け軸・美術品をお持ちのお客様は、
当社、彫美堂に修復・制作(表装)をお任せくださいませ!
修復実績も多数あります

Follow me!

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です