展覧会情報「特別展 国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」

唐の国で密教を学んで帰国した弘法大師空海が、823年に嵯峨天皇より賜り、真言密教の根本道場としたのが東寺(とうじ/教王護国寺)です。2023年には、真言宗が立教開宗されて1200年の節目を迎えます。空海のもたらした密教の造形物は、美術品としても極めて高い質を誇り、その多彩さや豊かさは日本国の仏教美術の中で群を抜いています。本展覧会は、空海にまつわる数々の名宝をはじめ、東寺に伝わる文化財の全貌を紹介するものです。空海が作り上げた曼荼羅の世界を体感できる講堂安置の21体の仏像からなる立体曼荼羅のうち、史上最多となる国宝11体と重要文化財4体、合計15体が出品されるほか、彫刻、絵画、書跡、工芸など密教美術の最高峰が一堂に会します。東寺が1200年にわたり、空海の教えとともに守り伝えてきた至宝を堪能できる展覧会です。[美術館サイトより]

開催期間: 2019/03/26(火) ~ 2019/06/02(日)
最寄り駅: 上野駅(徒歩10分) / 鶯谷駅(徒歩10分) / 京成上野駅(徒歩15分) / 根津駅(徒歩15分)
会場: 東京国立博物館 平成館
時間: 開始:9:30 終了:17:00
備考: ただし、会期中の金曜・土曜は21:00まで
※入館は、いずれも閉館の30分前まで
料金・費用: 一般 1,600(1,400/1,300)円、大学生 1,200(1,000/900)円、高校生 900(700/600)円
※中学生以下無料
※( )内は前売り/20名以上の団体料金
※障がい者とその介護者1名は無料(入館の際に障がい者手帳など要提示)
※前売券は、東京国立博物館正門チケット売場(窓口、開館日のみ、閉館の30分前まで)、展覧会公式サイト、各種プレイガイドにて3月25日(月)まで販売中。
※本展観覧券で、会期中観覧日当日1回に限り、総合文化展(平常展)も観覧可
注意事項: 毎週月曜、5月7日(火)
※ただし、4月1日(月)[東寺展会場のみ開館]、4月29日(月・祝)、5月6日(月・休)は開館

古い絵画・掛け軸・美術品をお持ちのお客様は、 当社、彫美堂に修復・制作(表装)をお任せくださいませ!
修復実績も多数あります。


Follow me!

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です