展覧会情報「和様の書展」

和様とは「日本式の書」のこと。
和様は、平安時代「上代様」、江戸時代「御家流」など、時代ごと変化して発展してきました。
大きな転機は明治時代。近代化の活版印刷への対応のために、唐様(中華式)の楷書

「書は読めない」と言われます。
読めないのは、学校で教えない「筆記体」で書くからです。
「読める書」を書くには筆記体を使わず日本語で書けばいいだけです。
ところが、現在の書道で「筆記体を使わない」は、明治以降100年以上続く現在の書道業界ではカンタンに受け入れられません。
書道教室も中学生くらいから筆記体、政府、新聞社等の支援/優遇も、筆記体の書道団体に付与されてきました。
そのため、母国語である現行の日本語を書く”読める書”をやっても支援を得られなくなり、結果的に、誰もやらなくなりました。

中華式が主流の日本の書道で、”読める書”「和様」に真正面から取り組むことは簡単ではありません。
その代わり「和様」は、芸術での”ブルーオーシャン(未開拓分野)”なので実力次第です。
明治時代、近代化で活版印刷に対応するため日本政府は、漢字は、唐様(中華式)の「楷書」を採用。
そして、筆記体しかない300ほどある平仮名を1字1音のルールで統廃合し、現在の50音図の制定をしました(120年前の明治33年1900年)
同時に、ペンが普及したため、口語体を書く現在の日本語は、筆で書かれた歴史資料がありません。
その結果、伝統を重視した書道団体は、”読める書”「和様」を軽視した結果、未だに和様にはチャンスがあるのです。

(公式HPより)

日程
2020年
1月17日(金) 15:00~19:00
18日(土)~19日(日) 11:00~17:00
会場東京芸術劇場 ギャラリー2(各池袋駅直結)
ギャラリートーク12:00/14:00/16:00/18:00 各15分程度予定
※会場の状態により開催できない場合があります。
※17日は16:00、18:00(17日限定)のみ
ワークショップ筆ペンで和様体験(協力 ぺんてる/セーラー万年筆/モリヤマ)
随時開催(スタッフにお申し出ください)
住所東京都文京区湯島2-14-12 2-14-12
主催わよう書道会 
公式サイト和様の書展

古い絵画・掛け軸・美術品をお持ちのお客様は、 当社、彫美堂に修復・制作(表装)をお任せくださいませ!
屏風などの美術品も修復実績が多数あります。

宗教法人の大量生産等のお仕事もお任せください。

Follow me!

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に