展覧会情報「オーバリン大学 アレン・メモリアル美術館所蔵 メアリー・エインズワース浮世絵コレクション ―初期浮世絵から北斎・広重まで」

アメリカ・オハイオ州オーバリン大学のアレン・メモリアル美術館には、メアリー・エインズワース(1867-1950)が約25年にわたり集めた1500点以上の浮世絵版画が所蔵されています。明治39年(1906)の来日を機に収集が始まったこのコレクションは、貴重な初期浮世絵も多く、今のところ世界で1点しか知られていない作品も含まれています。コレクションの過半数を占める歌川広重、世界的にも人気の高い葛飾北斎のほか、菱川師宣や鈴木春信、鳥居清長、喜多川歌麿、東洲斎写楽といった六大浮世絵師が揃い、浮世絵の歴史を辿ることもできます。
当時から目利きの米国女性として知られた彼女のコレクションですが、これまでアメリカでもほとんど紹介されたことはありませんでした。本展では珠玉の200点を選りすぐって日本で紹介する初めての里帰り展です。 (美術館情報)

地域中部
会場静岡市美術館
静岡県静岡市葵区紺屋町17-1葵タワー3F
会期2019年6月8日(土)~7月28日(日)
入場料一般=1,200(1,000)円
大学生・70歳以上=800(600)円
*( )内は20人以上の団体料金
*中学生以下は無料
*障害者手帳等をご持参の方および介助者原則1名は無料
休館日月曜日(7/15は開館)、7/16
開館時間10:00~19:00(展示室への入場は閉館の30分前まで)
問い合わせ先tel. 054-273-1515
主催静岡市、静岡市美術館 指定管理者(公財)静岡市文化振興財団、テレビ静岡、中日新聞東海本社
公式サイトhttp://www.shizubi.jp/exhibition/future_190608.php

Follow me!

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に