展覧会情報「へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで」

「へそまがり」をテーマに日本美術史を俯瞰する展覧会が、府中市美術館で開催されます。人を惹きつける破壊力や不可解さ、技巧を否定する“ゆるい”味わいを持つ作品が一堂に集結。中世から現代に至るまで日本人の「へそまがりな感性」が生んだ作品をまとめて紹介するユニークな試みとなります。鎌倉時代の仏像に見られる完璧な均整美や、江戸時代の輝きを放つ屏風絵、叙情たっぷりに描かれた風景画など「きれい」で「立派」な造形に美しさを感じる一方で、どこかアンバランスなものや拙いもの、自分の感覚を大きく超えるものに、なぜか惹かれる事はありませんか?「ゴージャス」で「ファビュラス」な造形美が美術の本流だとしたら、「へそまがり」な作品ばかりを集めた本展は、ありきたりの美術史観とは異なる味わいを与えてくれるかもしれません。[美術館サイトより]

イベント名: へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで
開催期間: 2019/03/16(土) ~ 2019/05/12(日)
最寄り駅: 東府中駅
会場: 府中市美術館 2F 企画展示室
時間:   開始:10:00  終了:17:00
備考:入場は16:30まで
前期:3月16日(土)~4月14日(日)
後期:4月16日(火)~5月12日(日)
料金・費用: 一般 700円、高校生・大学生 350円、小学生・中学生 150円
※観覧券の購入で、2度目の観覧は半額に(本展1回限り有効)
オフィシャルサイト: 府中市美術館
注意事項 毎週月曜、5月7日(火)休館
※ただし、4月29日(月・祝)、5月6日(月・休)は開館

Follow me!

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です