展覧会情報「かわいい浮世絵 おかしな浮世絵」

江戸時代の浮世絵には、美しい遊女や格好の良い役者たち、人気の名所など、当時の人々が夢中になった、さまざまな流行や風俗が数多く描かれています。しかし、江戸時代から150年以上たった現在、当時の人と全く同じ感覚で浮世絵を楽しむのは、たとえ予備知識があったとしても、なかなか難しいことかもしれません。では、「かわいい」や「おかしい」といったキーワードで、浮世絵を見てみたらいかがでしょうか。浮世絵には、今の目からみても素直に「かわいい!」と口に出してしまうような動物や子どもたち、あるいは思わず吹き出してしまうような奇妙な生物、ドタバタ喜劇を繰り広げるユーモラスな人たちがたくさん登場します。理屈抜きで楽しいこれらの絵を見るとき、私たちは江戸時代の人たちとほぼ同じ感覚を共有できるのかも知れません。ぜひ気楽な心持ちで、たくさんの「かわいい」「おかしな」浮世絵をお楽しみください。[美術館サイトより]

2019年1月5日(土)~1月27日(日)
会場:東京都 原宿 太田記念美術館

時間:10:30~17:30(入館は17:00まで)
休館日:1月7日、15日、21日
料金:一般700円 大高生500円
※中学生以下無料
※障害者手帳提示で、持参の方と介添人1名は入館料から100円割引

古い絵画・掛け軸・美術品をお持ちのお客様は、
当社、彫美堂に修復・制作(表装)をお任せくださいませ!
修復実績も多数あります。

Follow me!

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です