刀剣 もののふの心

我が国では、刀工の優れた工芸技術と武家の美意識を背景として、古代、中世以降、様々な名刀が生み出されてきました。近年、日本美術に対する関心が高まる中で、とくに刀剣は注目を集める分野と言えましょう。
サントリー美術館は、1961年の開館以来「生活の中の美」を基本理念として活動を重ね、本年秋に60周年を迎えます。日本の絵画工芸をみると、大名家の姫君の婚礼調度から民衆が使用した日常の飲食器、文房具に至るまで、身分階層を問わず、それぞれの暮らしの中で洗練された機能と美しさが息づいています。当館が開催してきた展覧会においても、歴史に名を連ねる武将に関連する美術や史料を多数展示してきましたが、刀剣や甲冑武具こそは、言うまでもなく武家の人生や暮らしにおいて大切にされた根幹を成すものであったと言えます。
この展覧会では、京都や近畿を中心に、由緒正しい神社や崇敬を集めてきた寺院に奉納され、伝来した貴重な刀剣を一堂に集め展示します。それぞれの刀剣には、所持した武将とその英雄譚、鍛え上げた刀工、守り伝えた人々などについて、様々な伝承が大切に受け継がれてきました。
サントリー美術館が所蔵する狩野元信筆「酒伝童子絵巻」においては、武勇で名高い源頼光が率いる渡辺綱などの四天王が活躍します。今回の展示では、これらの刀剣にまつわる伝説についても、絵画や史料も加えてその意義を深く掘り下げます。さらに、臨場感あふれる主要な合戦絵巻や屛風によって戦に赴く武家のいでたちをご覧いただくとともに、調馬や武術の鍛錬など、日々の暮らしぶりなどにも着目し、武家風俗を描く絵画や史料を展示します。
この展覧会が、古代から中世、近世と続く我が国の歴史において、多くの人々を魅了してきた刀剣文化の奥深さや、武家の心に培われた凛々しい美意識を振り返る機会となれば幸いです。

(美術館サイトより)

開催概要

会期:2021年9月15日(水)~10月31日(日)

※ご来館のお客様へのお願い(必ずお読みください)
※入館方法が変更となる可能性がありますので、最新情報はウェブサイトでご確認ください。
※作品保護のため、会期中展示替を行います。

開館時間:10:00~18:00(金・土は10:00~20:00)

※9月19日(日)、22日(水)、23日(木・祝)、26日(日)は20時まで開館
※いずれも入館は閉館の30分前まで


休館日:火曜日

※10月26日は18時まで開館

入館料:
一般 当日 ¥1,700 前売 ¥1,500
大学・高校生 当日 ¥1,200 前売 ¥1,000
チケット購入

※中学生以下無料
※障害者手帳をお持ちの方は、ご本人と介護の方1名様のみ無料
[チケット販売場所]
サントリー美術館受付(火曜日、展示替え期間中を除く)
サントリー美術館公式オンラインチケット
ローソンチケット:Lコード 32891(前売・当日券共通)
セブンチケット:セブンコード089-210(前売・当日券共通)
※前売期間は7月14日(水)から9月14日(火)まで
※サントリー美術館受付での前売券販売は8月29日(日)までの開館日に限る

割引:
◇100円割引
・あとろ割:国立新美術館、森美術館の企画展チケット提示

※他の割引との併用はできません

音声ガイド
¥600

「刀剣乱舞-ONLINE-」骨喰藤四郎役の鈴木裕斗さんが、本展音声ガイドのナビゲーターとして、展覧会を分かりやすく解説します。

主催:
サントリー美術館、読売新聞社

特別協力:
京都国立博物館

協賛:
三井不動産、三井住友海上火災保険、サントリーホールディングス

公式サイト: https://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2021_3/index.html

古い絵画・掛け軸・美術品をお持ちのお客様は、 当社、彫美堂に修復・制作(表装)をお任せくださいませ。 屏風などの美術品も修復実績が多数ございます。宗教法人のお仕事も承っております。

コロナ禍で巣ごもりされている中、ご先祖様が大切にされていましたご本尊様・思い出の掛軸や額の傷みや修復等がございましたら、この機会にお気軽にご相談くださいませ。

Follow me!

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に