企画展「狩野派と土佐派」根津美術館で – 探幽ら御用絵師の華麗な屏風・色鮮やかなやまと絵を展示

企画展「狩野派と土佐派─幕府・宮廷の絵師たち─」が、東京の根津美術館にて、2021年2月25日(木)から3月31日(水)まで開催される。なお、入場は日時指定予約制となる。

企画展「狩野派と土佐派─幕府・宮廷の絵師たち─」では、根津美術館所蔵の狩野派と土佐派の作品を中心に、室町時代から江戸時代にかけて幕府や宮廷の御用を務めた絵師の作品を展示。端正な室町水墨に始まり、江戸時代の華麗な屏風や色鮮やかなやまと絵に至る、多彩な絵画世界を紹介する。(HPサイトより)

展覧会概要
企画展「狩野派と土佐派─幕府・宮廷の絵師たち─」〈日時指定予約制〉
会期:2021年2月25日(木)~3月31日(水)
会場:根津美術館
住所:東京都港区南青山6-5-1
開館時間:10:00〜17:00(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日
入館料:
・ネット日時指定予約 一般 1,300円(1,100円)、学生 1,000円(800円)
・当日券(窓口販売) 一般 1,400円(1,200円)、学生 1,100円(900円)
※( )内は障害者手帳提示者および同伴者1名の料金
※中学生以下は無料
※当日券は、予定枚数の販売が終了している場合あり

■日時指定予約制
・来館前日までに根津美術館ホームページ上にて日時指定券を購入
・根津倶楽部会員、招待はがきを所持していて入館無料の場合も予約が必要

【問い合わせ先】
根津美術館
TEL:03-3400-2536 (代表)

古い絵画・掛け軸・美術品をお持ちのお客様は、 当社、彫美堂に修復・制作(表装)をお任せくださいませ。 屏風などの美術品も修復実績が多数ございます。宗教法人のお仕事も承っております。

コロナ禍で巣ごもりされている中、ご先祖様が大切にされていましたご本尊様・思い出の掛軸や額の傷みや修復等がございましたら、この機会にお気軽にご相談くださいませ。

Follow me!

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に