トランスレーションズ展 —「わかりあえなさ」をわかりあおう

わかりあえないはずの存在同士が意思疎通を図るため、コミュニケーションを支えるのが「翻訳」のプロセス。この展覧会では、「翻訳=トランスレーション」と呼ばれる行為をある種の「コミュニケーションのデザイン」とみなして、普段から何気なく使っている言葉の不思議さ、そしてそこから生まれる「解釈」や「誤解」の面白さを実感できる空間をつくり、互いの「わかりあえなさ」を受け容れあう可能性を提示していきます。(美術館サイトより)


会場  21_21 DESIGN SIGHT 東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン
会期   2020年10月16日(金)~2021年3月7日(日)

入場料   日時指定/オンラインでの事前予約制
     一般=1,200円  大学生=800円  高校生=500円  *中学生以下無料
     *障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料
休館日   火曜日(11/3、2/23は開館)、12/26〜1/3
開館時間   11:00~18:30(土日祝は10時から開館、入場は閉館の30分前まで)
問い合わせ先   tel. 03-3475-2121
       主催 21_21 DESIGN SIGHT、公益財団法人三宅一生デザイン文化財団
公式サイト   http://www.2121designsight.jp/program/translations/

古い絵画・掛け軸・美術品をお持ちのお客様は、 当社、彫美堂に修復・制作(表装)をお任せくださいませ。 屏風などの美術品も修復実績が多数ございます。宗教法人のお仕事も承っております。

コロナ禍で巣ごもりされている中、ご先祖様が大切にされていましたご本尊様・思い出の掛軸や額の傷みや修復等がございましたら、この機会にお気軽にご相談くださいませ。

Follow me!

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に