コレクター福富太郎の眼 昭和のキャバレー王が愛した絵画

福富太郎(ふくとみ たろう/1931-2018)は、1964年の東京オリンピック景気を背景に、全国に44店舗にものぼるキャバレーを展開して、キャバレー王の異名をとった実業家です。その一方で、父親の影響で少年期に興味をもった美術品蒐集に熱中し、コレクター人生も鮮やかに展開させました。念願だった鏑木清方の作品を手はじめに蒐集をスタートさせますが、著名な作家の作品だけでなく、美術史の流れに沿わない未評価の画家による作品であっても、自らが良質であると信じれば求め、蒐集内容の幅を広げていきます。…
本展は、作品を追い求めた福富太郎の眼に焦点をあて、美人画だけではない、類稀なるコレクションの全体像を提示する初の機会となります。鏑木清方の作品十数点をはじめとする優品ぞろいの美人画はもとより、洋画黎明期から第二次世界大戦に至る時代を映す油彩画まで、魅力的な作品八十余点をご紹介いたします(美術館サイトより)

開催概要

会場:東京ステーションギャラリー

会期:2021年4月24日(土)~6月27日(日)

入場料:日時指定/事前予約制
一般=1,200円
高大生=1,000円
*中学生以下無料
*障がい者手帳等持参の方は100円引き(介添者1名は無料)

休館日:月曜日(5/3、6/21は開館)
*再開館(6/1)から閉幕(6/27)まで無休

開館時間:10:00~18:00
*金曜日は20時まで開館(当面中止)
*入館は閉館の30分前まで

問い合わせ先:tel. 03-3212-2485

主催:東京ステーションギャラリー[公益財団法人東日本鉄道文化財団]

公式サイト:

http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/202104_fukutomi.html

主催:東京ステーションギャラリー[公益財団法人東日本鉄道文化財団]

古い絵画・掛け軸・美術品をお持ちのお客様は、 当社、彫美堂に修復・制作(表装)をお任せくださいませ。 屏風などの美術品も修復実績が多数ございます。宗教法人のお仕事も承っております。

コロナ禍で巣ごもりされている中、ご先祖様が大切にされていましたご本尊様・思い出の掛軸や額の傷みや修復等がございましたら、この機会にお気軽にご相談くださいませ。

Follow me!

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に