/*ウェブフォント*/ /*ウェブフォント*/
MENU

~美の道を究める~

彫美堂は、掛軸・額・屏風・衝立及び 和本製作に至るまで、あえて職人による 手表装の道を歩み、機械製作は行っておりません。 よって、機械表装ではできない、100年先の後世まで伝えることのできる 「よりよい作品」を長年皆様にお届けしております。

和綴本

watozibonnmidoriwatojihon_5

彫美堂オリジナル和綴本。各界から高い評価を頂いております。綴じ方7種各2色づつの全14種類です。

詳しくはこちら

墓石簿

bosekiboakabosekibo_c

100年先でも保存ができる中性紙使用。墓籍簿と戒名(法名)簿が檀家単位で1枚に!バインダー式です

詳しくはこちら

過去帳

kakotyouaokakotyo_jiin_c

筆ペンでも書きやすい本紙特選和紙を使用しております。表紙は豪華な金襴緞子の過去帳です。

詳しくはこちら

お知らせ

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に

修復分野に於きましても、寺院・美術館・博物館等が所有する表装文化財・古文書等の修復・修理の技術も皆様にご好評頂いております。家庭用から企業・大学・寺院・宗教法人・宮家等多数の修復・製作実績がございます。

title_sub_shufuku_f3

伝統に培われた匠技が作品を甦らせます。

掛軸の裂地は衣類などとは性質が異なっており、表具用は裏打ちを施し柔かい仕上がりのため、縒りをかけない糸で織られるものが多く、織り上がりを美しく見せるために、糸に蕨粉糊(わらびこのり)を塗して糸を軽いまま太く織るものもあります。従って、画面の修復もさることながら、裂地の修復が多くなります。

 
 
 
 
 
shufuku_kotei_kakejiku
 
before_after_kakejiku

title_sub_shufuku_f3

伝統に培われた匠技が作品を甦らせます。

修復例1

shufukurei_kakejiku1

修復例2

shufukurei_kakejiku2

修復例3

shufukurei_kakejiku3

アクセス

株式会社 彫美堂

〒162-0041
東京都 新宿区 早稲田鶴巻町557金井ビル1F
TEL:03-5272-1215
FAX:03-5272-1265

◆事前に会社にご一報入れた上でお越しください。納品等で出かけている場合がございます

東京都 新宿区 早稲田鶴巻町557金井ビル1F

お気軽にお問い合わせください03-5272-1215受付時間:9:00-18:00(土日祝を除く)

かんたん無料見積もりはこちら お気軽にお問い合わせください。

かんたん無料見積はこちら

修復の道を究め続けて50年
掛軸・巻物・屏風の修復
後世まで残したい…
日本に昔から伝わる伝統の美 
機械表装では対応できない美術品にも対応いたします。

後世まで伝えることのできる 
「よりよい作品」を長年皆様に
今すぐお電話でご相談