ニュース
月岡芳年 月百姿分類企画新着!!

月岡芳年(つきおかよしとし 1839~92)は、幕末から明治時代前半にかけて活躍した浮世絵師です。月岡芳年の武者絵は迫力ある大胆な構図が特色で、現在の私たちをも惹きつけるカッコいい魅力にあふれています。太田記念美術館では […]

続きを読む
特別展
版画の青春 小野忠重と版画運動―激動の1930-40年代を版画に刻んだ若者たち―

本展では1930-40年代に活動した「新版画集団」と「造型版画協会」による版画運動を、リーダーであった小野忠重の旧蔵品を中心に紹介する。約300点の作品を通じて、激動の時代に版画に熱中した青年たちがいかにこの時代を超えよ […]

続きを読む
お知らせ
【特別展】 犬派?猫派? ―俵屋宗達、竹内栖鳳、藤田嗣治から山口晃まで―

近年、ペットブームがさらなる盛り上がりを見せている。中でも最も人に親しまれている動物、 犬と猫は、古くから日本の絵画に描かれてきた。近代以降も、画家たちが自らの愛犬、愛猫をモティーフにした作品が少なくない。山種美術館では […]

続きを読む